ハッキリ言えなくても対処できる対話術をご紹介!



プロフィール

かがみ やえこ

Author:かがみ やえこ
<プロフィール>
 かがみ やえこ
 エッセイスト
 1974年生まれ
 千葉県松戸市・愛媛県宇和島市出身
 高校卒業後フリーターとなる
 仕事が続かず
[寿司屋のホール]
[テレホンアポインター(営業の電話)]
[ガソリンスタンドのSSスタッフ]
[新聞配達]
[パン屋の製造]
[ビルの清掃]
[喫茶店のウエイトレス]
[ディスカウントショップの販売員]
[サンドイッチ工場のベルトコンベアー要員]
[宅配会社の事務]
[クリーニング屋の受付]
[ゲームセンターの店員]
[カプセルホテルのフロント]
[ニューハーフの店のフロント]
[パーティルームのフロント]
[インターネット会社のコールセンター(受信業務)]
[電話会社のコールセンター(受信業務)]
[治験のコールセンター(受信業務)]
[医療機器取扱い会社の営業事務]
[メガネ店店員]
[時計店店員]
[老舗ホテルのクローク]
[サウナにてマッサージ師]
[パチンコ屋の夜の清掃]
[日雇い(引越しの手伝い・製本工場・アパレル関係の工場・洋服店の値札つけ・その他)]
などを転々とする
 19歳の歳、大学の理学部生物学科を目指しフリーターをしながら独学するも成績が全く足りず断念 
 20歳の年、ミュージカル女優を志し『新聞奨学生』として上京するも仕事と学校の両立ができず断念
 25歳の年、ろう学校の数学教師を志すも予備校に行く費用が確保できず断念
 27歳の年、脚本家を志し10年間学校に通うも芽が出ず断念
 38歳の年、エッセイストを志し独学でコンクールなどに応募などを続ける
 39歳の年、エッセイスト養成塾に入塾し現在に至る 

 メッセージ☆ミ
 「ご訪問ありがとうございます
 まずは「ご挨拶♪」から閲覧していただけますと嬉しいです」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『勝手にお喋りコーナー♪ 「いちいちつっこまないでよー」』
ご訪問ありがとうございます(^^)/

10月22日水曜日 23時10分です。
本日ギリギリの更新となりました。
皆様はソファの上でしょうか? ベットの中でしょうか?

本日は
『勝手におしゃべりコーナー♪』
「いちいちつっこまないでよー」
をお届けいたします。
お付き合いいただけますと嬉しいです。

20代後半。
カプセルホテルのフロントをしていたときのことです。

パートナーは1つ歳下だけれど大先輩にあたる男性。
この先輩はことあるごとにいちいち突っ込んでくる人でした。

例えば・・・

燃えないゴミと燃えるゴミを分けていると
「それで地球を守ってるつもり?」
「いえ、そういうわけではないんですけど」
「守る気もないのにわけるんだ。俺は守るね」

「何食べようかな」を「何いただこうかな」と言う癖のある私。
「いつも『何いただこう』っていうよね。いつも誰かにおごらせてるんだ?」
「そんなことないです」
「だったら何で『いただこう』って言うの? 『食べよう』でいいじゃん」

「もー! いちいちつっこまないでよー!」と言いたい私。

でも言えずに弱気な私を鼻で笑う先輩。

ここで考えました。
「そういうわけじゃない」「そんなことはない」ではなく、言うことを笑顔で受け入れてみようと。

例えば・・・

「今月はシフト調整が難しいですね」
「じゃあ、いつもは簡単なんだあ?」
笑顔で「たいして簡単じゃないですね」

「暖房で肌が乾燥してきませんか?」
「じゃあさっきまで潤ってたんだあ?」
笑顔で「たいして潤ってないですね」

「今日は食べ過ぎました」
「へえ、じゃあいつもは食べてないんだあ?」
笑顔で「食べてますね」

この「笑顔で受け入れ法」を使うと先輩は突っ込み続けられなくなりました。
困る私を見られないからでしょう。
それに気を良くした私は、先輩に突っ込まれるたびに「笑顔で受け入れ法」を使いストレスを溜めなくなったのです。

いちいち突っ込んでくる人には「笑顔で受け入れ法」を使うとそれ以上突っ込まれなくなります。

方法としては
そのまま「○○ですね」と言うことにより受け入れられる場合と
反対に「たいして○○でないですね」と言うことにより受け入れられる場合があります。

状況に応じて使い分けてみて下さい。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

かがみ やえこ♪


***
※ご報告
 この度、このブログ「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を元に電子書籍を出版いたしました!
 編集してまとめあげ、このブログよりググッと読みやすいものになっています。

 「言いたいことをハッキリ言えたらスッキリするだろうな」
 「でも言えない」
 「だからストレスが溜まる」
 そんな方!
 「ハッキリ言えなくてもストレスが溜まらない対話術」があればいかがでしょうか?
 この電子書籍「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を是非ご参考ください。
 きっとお役に立てることと思います。

 ご購入はこちらから⇓⇓⇓
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00O90ZSWM


※宜しければ遊びに来てください⇓
Facebook /kagamihappiness
Twitter @kagamihappiness 

※ランキング行っています
 もし気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします⇓








スポンサーサイト

『勝手におしゃべりコーナー♪  「先輩が間違えてるのにー」』
ご訪問ありがとうございます(^^)/

10月21日火曜日 22時30分です
今日は遅い時間の更新となりました
この時間皆様はどのように過ごされているのでしょうか?

本日は
『勝手におしゃべりコーナー♪』
「先輩が間違えてるのにー」
をお届けいたします。
お付き合いいただけますと嬉しいです。

知人の息子さんの話です。
その息子さんが高校生の時、飲食店のバイトを始めることにしました。

初日「18時30分に来るように」と言われました。
15分くらい前に行くと先輩がいきなり怒り始めたのです。
「18時って言っただろ! やる気がないなら帰れよ!」と。

18時30分というのは周りの方ほとんどが聞いていて間違えありません。
でも怒る先輩に「18時30分と伺っていた」とハッキリ言えない息子さんは謝るばかり。
しかもそんな状況に誰もフォローに入らず。
私ならその場で帰ってしまいそうなこの話ですが、息子さんは耐えて帰りませんでした。
家に帰ってきてから「とっても悔しかった」と話したそうです。
きっとストレスになってたことでしょう。

もう1つ、今度は私の話を聞いてください。
私が20代の半ばくらいだったでしょうか。
ある日「何種類かの景品を1つの箱に詰める」という日雇いの現場に行きました。
メンバーは私を含めて女性3人。
そこには40代位の女性リーダーがいました。

私たちは隅の作業場で言われたとおりに箱詰めしていました。
そんな私たちのところに、リーダーがデスクがあるフロアーから時々やってきては
「これも箱に詰めてっていったでしょ?!」
と怒鳴り、3人で「言ってないよね」とコソコソ。
「それは立てずに寝かせてって言ったでしょ!」
と怒鳴り、3人で「これじゃなくて、こっちを寝かせてって言ってたよね」とコソコソ。
あげくに「本当、日雇いの人って使えないんだから!」と捨て台詞。
3人はリーダーに怯えながら作業をしていました。

やっと昼休憩。
「50分取ってきて」
と言われて3人でランチに行きました。
そして45分後に現場に帰ると、リーダーが怒鳴りました。
「40分で帰って来てって言ったよね!」と。
3人ともあっけにとられて何も言えないでいると
「15分ぶん時間引いとくからね。ささっと作業初めて!」
と去っていこうとしました。

何か言おうおとするも何を言っていいか解らない。
そんな3人に救世主が現れました。
近くにいた若い女性社員の方が
「先輩、私が間違えていたら申し訳ありません。先ほど50分とおっしゃっていませんでしたか?」
とフォローに入ってくれたのです。

リーダーは「何言ってるの!? みんな40分でしょ」とその女性社員をにらみつけました。
女性社員はすかさず「社員は午前10分。お昼40分。午後10分ですが、その子たちは午前中に10分休憩を取っていないので50分にされたと思いますが、私の勘違いでしたら申し訳ありません」と押してくださったのです。

それを聞いたリーダーは「あ、そうっだった。じゃあ、15分は引かないから」と去って行きました。
私たち3人は「本当にありがとうございます」と何度もお礼を言いました。

そこで私は思いました。
「私が間違っていたら申し訳ありません」
と言いながら事実を言うと、相手に恥をかかせずに間違えに気づかせることができるのだなあと。

それからは色々な職場で、先輩・上司・自分が正しいと思い込んでいる人に間違えを指摘するときは
「私が間違えていたら申し訳ありません。こうではなかったでしょうか?」
と言うようになりました。

100%ではありませんがほとんどの場合を丸く収めることができます。
「間違っている!」とハッキリ言うと相手に恥をかかせて気まずくなることがあります。
そもそも、例の息子さんや私たち3人のようにハッキリ言えない人もいます。
そうすると事が間違えたままになります。
それにより仕事によっては大事態になりかねません。

言いにくい人に間違えを指摘するときは
「私が間違えていたら申し訳ありません」
と前置きするとかなり言いやすくなります。
そして相手に恥をかかせることもありません。

是非お試しください

長文をここまでお読みいただきありがとうございました。

かがみ やえこ♪


***
※ご報告
 この度、このブログ「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を元に電子書籍を出版いたしました!
 編集してまとめあげ、このブログよりググッと読みやすいものになっています。

 「言いたいことをハッキリ言えたらスッキリするだろうな」
 「でも言えない」
 「だからストレスが溜まる」
 そんな方!
 「ハッキリ言えなくてもストレスが溜まらない対話術」があればいかがでしょうか?
 この電子書籍「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を是非ご参考ください。
 きっとお役に立てることと思います。

 ご購入はこちらから⇓⇓⇓
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00O90ZSWM


※宜しければ遊びに来てください⇓
Facebook /kagamihappiness
Twitter @kagamihappiness 

※ランキング行っています
 もし気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします⇓










『勝手におしゃべりコーナー♪ 「話聞いてよー」』
ご訪問ありがとうございます(^^)/

10月20日月曜日 16時です
今、炭酸水を一気に飲んだら「クーッ!」て気合入りました。
皆様はどんな方法で気合を入れていますか?

本日は
『勝手におしゃべりコーナー♪』
「話聞いてよー」
をお届けいたします。
お付き合い頂けますと嬉しいです。

私は話を聴くのが好きな方です。
でもある日の女友達との会話中
「ねえちょっと聴いてる?」
と言われたことがありました。
聴いていたのですが少し疲れている日だったので表情に出ていたのかもしれません。
「疲れてるの?」
と更に言われました。

そこで思いました。
「ねえちょっと聴いてる?」
と言われることはあまりいい気持ちがしないなあと。

逆に
「疲れてるの?」
と聞いてくれたのは優しさを感じるなあと。

ここで別の話になりますが、私の知人に話を全く聞かない男性がいます。
自分の話はするのに私が話を始めると聞きません。
「そうなんだあ」
と相槌を打ってはいるのですが
「で、どう思う?」
と聞くと
「え? 何が?」

「もー、話ちゃんと聞いてよー」とは言えない昔の私。

先日その男性と会い話をする機会がありました。
相変わらず人の話を聞かずに会話が成立しません。
現在は多少言えるようになっている私は
「ちょっと聴いてる?」
と言いそうになりました。
が、「あ!」と思い寸止めしました。

代わりに
「もしかして疲れてる?」
と聞くと
「え? なんで?」
の返事。
「うーん、少し上の空に見えたから。疲れてるなら今度にしようか?」
と提案すると
「あ、大丈夫、大丈夫」
と慌てていました。

そこからの彼は私の話も聞いてくれて会話が成立しました。

特定の人ではなくても、相手に「今、話を聞いてくれてないなあ」と感じた経験はあるかと思います。
話を聞いてくれないまま会話をしていてもストレスになりますよね。

そんなときは
「ちょっと聴いてる?」や「ねえ、聴いてる?」
とは言わずに
「もしかして疲れてる?」
と思いやりを伝えたほうが相手に不快感を与えずに「話を聞いていない」ことを伝えられます。

「聞いていなかった!」と気づいた相手は話を聞くようになるでしょう。
それにより会話がスムーズにいきます。

相手の返事によっては、話すのをまた次の機会にしたり話を変えるのも親切です。
そうすると相手はあなたに更に好感をもつことでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

かがみ やえこ♪

***
※ご報告
 この度、このブログ「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を元に電子書籍を出版いたしました!
 編集してまとめあげ、このブログよりググッと読みやすいものになっています。

 「言いたいことをハッキリ言えたらスッキリするだろうな」
 「でも言えない」
 「だからストレスが溜まる」
 そんな方!
 「ハッキリ言えなくてもストレスが溜まらない対話術」があればいかがでしょうか?
 この電子書籍「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を是非ご参考ください。
 きっとお役に立てることと思います。

 ご購入はこちらから⇓⇓⇓
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00O90ZSWM


※宜しければ遊びに来てください⇓
Facebook /kagamihappiness
Twitter @kagamihappiness 

※ランキング行っています
 もし気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします⇓













『勝手におしゃべりコーナー♪ 「口出ししてほしくないなあ」』
『勝手におしゃべりコーナー♪ 「口出ししてほしくないなあ」』

ご訪問ありがとうございます(^^)/
10月19日日曜日 17時です
最近マスクをしている人をよく見かけるようになりました
マスクが文化になっているのは日本だけらしいですね(笑)
皆様はもうマスクをしていますか?

本日は
『勝手におしゃべりコーナー♪ 「口出ししてほしくないなあ」』
をお届けします。
お付き合い頂けると嬉しいです。

数年前、友人の家で料理をしていた時の話です。
料理が苦手な友人は横で私の作業を見ていました

野菜炒めを作っていると
「キャベツ炒めるときはフタするんだよ」
言ってきました。

魚の煮付けを作っているとまた友人が
「普通生姜入れない?」
と言ってきます

私は
「自分で作れないのに口出ししないでよ!」
と言いたくなりました。
が!
言えませんでした。
彼女が不機嫌になると嫌だなあと思ったからです。
ちょっとストレスでした。

今の私なら
「これが私流なの」
と軽くかわしています。

言いたいこと言えないなら我慢するより、言い方変えて伝える方がストレスにならないですね

ここまでお読み下さりありがとうございました

かがみ やえこ


***
※ご報告
 この度、このブログ「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を元に電子書籍を出版いたしました!
 編集してまとめあげ、このブログよりググッと読みやすいものになっています。

 「言いたいことをハッキリ言えたらスッキリするだろうな」
 「でも言えない」
 「だからストレスが溜まる」
 そんな方!
 「ハッキリ言えなくてもストレスが溜まらない対話術」があればいかがでしょうか?
 この電子書籍「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を是非ご参考ください。
 きっとお役に立てることと思います

 ご購入はこちらから⇓⇓⇓
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00O90ZSWM


※宜しければ遊びに来てください⇓
Facebook /kagamihappiness
Twitter @kagamihappiness 

※ランキング行っています
 もし気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします⇓






『勝手におしゃべりコーナー♪ 「私だけ仲間外れにして!」』
『勝手におしゃべりコーナー♪ 「私だけ仲間外れにして!」』

ご訪問ありがとうございます(^^)/
10月18日土曜日 20時30分です。
寒くなったり暑くなったりですね。
皆様、風邪などお気をつけください。

本日は『そんなつもりはなかったのに「私だけ仲間外れにして!」と怒られた』体験談です。
お付き合い頂けますと嬉しいです。

20代後半の時に勤めていた会社で、私を含めて男女2人ずつ計4人で輪になっていた時期のことです。

ある日の休憩所、たまたまその男性2人と私が一緒になりました。
話しの流れで「○日にみんなで新宿で遊ぼう!」と盛り上がったのです。
後でもう一人の女の子にそれを伝えると「○日は用事があるからダメなの」とのこと。
仕方がないので「じゃあその日は3人で遊びに行って、別の日に4人で行こうか」と決まりました。

その○日に3人で遊びに行った次の日!
もう大変なことに!
もう1人の女の子が「私だけ仲間外れにして!」と怒り始めたのです。
3人ともそんなつもりは全くありませんでした。

「別の日に4人で行くつもりだった」と説明しても納得してくれません。
「仲間外れにした」「してない」と押し問答に発展。
「それ被害妄想だよ!」と言いたくなったのですが当時弱気だった私は言えませんでした。

その後・・・
「私だけ仲間外れにした」と思い込んだ彼女は輪を避けて、違う女の子達と一緒にいるようになりました。
元々群れるのは苦手な私。
正直面倒くさくなり、それからは1人を楽しむことにしたのです。

残り男性2人はそれからも仲良くしていました。
「女性って本当やっかいだあ」と思ったものです。

今の私なら彼女に
「○○ちゃんだったら私を仲間外れにする?」
と聞きます。
彼女が「そんなことしない」と思ったとしたら、私たちのことも信じたかもしれません。

でも職場は職場
学校でもないのに4人とも子供でした
20代後半にもなってお恥ずかしい話ですね

ここまでお読みいただきありがとうございました!

かがみ やえこ

***
※ご報告
 この度、このブログ「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を元に電子書籍を出版いたしました!
 このブログよりググッと読みやすいものにまとまっています

 「言いたいことをハッキリ言えたらスッキリするだろうな」
 「でも言えない」
 「だからストレスが溜まる」
 そんな方!
 「ハッキリ言えなくてもストレスが溜まらない対話術」があればいかがでしょうか?
 この電子書籍「気まずい空気を作らない! ハッキリ言えない人の為の対話術」を是非ご参考ください
 きっとお役に立てることでしょう

 ご購入はこちらから⇓⇓⇓
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00O90ZSWM


※宜しければ遊びに来てください⇓
Facebook /kagamihappiness
Twitter @kagamihappiness 

※ランキング行っています
 もし気に入っていただけましたらポチっとお願いいたします⇓




 
 











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。